医療事務ウェブ

医療関係の仕事というと、どうしてもいが株の大学を卒業をして、国家資格を手に入れないと働くことができないというイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし医療の職業の中には、別に医学の専門的な知識がそれほどなくてもつける職業もあります。医療事務などは医療関係の事務仕事が中心となりますから、医学部を卒業していなくても十分にやっていくことができます。

医療事務というのは文字通り、医療関係のところで、事務関係の仕事をする人たちのことを言います。よく病院や個人経営をしているクリニックなどで受け付け対応をしてくれるスタッフの人がいるかと思われます。彼らのことを医療事務というのです。
医療事務というのは、病院にとっては重要な役割を持った人材ということができます。たとえば、カルテの管理や患者への応対といった医療行為以外の業務はすべて医療事務が行ってくれます。

特に重要なのは、レセプトといわれる業務についてです。病院の経営というのは、健康保険組合からの診療報酬で成り立っているといっても過言ではありません。
診療報酬を請求する場合には、各医療行為ごとに点数がきめられています。この点数を加算していくことで請求する診療報酬が決められます。点数を加算し、請求業務を行っているのが医療事務なのです。ある意味病院の経営にタッチしている業務ということができます。

現在日本では高齢化社会がどんどん進行しています。ということは、病院を利用する人が高齢者を中心にますます増えていくことが予想されます。
ということは、医療事務に対する需要も高まってくることが予想されます。医療関係の職業の中でも、特に最近医療事務が注目を集めているのは、上のような理由があるからです。